アレルギーに負けない体づくり


 

こどものアレルギーには、食物アレルギー、アトピー、ぜんそく、花粉症・・・と様々あります。そんなアレルギーには、子どもだけでなく大人も悩まされます。
アレルギーは、体の免疫システムが崩れているときに症状として現れやすくなります。普段、症状がなくても、食習慣や生活習慣の乱れによる疲れや体調不良になると症状が現れてきます。

 

ブレインアップ教室には、食物アレルギー、ぜんそく、アトピーといったアレルギーを持つ子どもたちも多く通っています。教室へ通い始めた時は、食物アレルギー、ぜんそくがひどいために十分食べることができずに意欲がなく、動けばぜんそく発作が現れ、学校も休みがちな子がいました。そんな子も、体力アップ、特に丹田の力を育てていくとだんだん自信も持つようになり、意欲が出てきました。ぜんそくも出なくなってきて休みがちだった学校に毎日行くようになりました。また、今まで挑戦しなかったスポーツも始めました。成長とともに体力だけでなく心の力も育ち、今までできなかったことにも前向きに取り組むようになり、食べ物に対しても悲観的になるのではなく、しっかり自分のアレルギーのものを把握し、入っていなければ大丈夫と何でも食べてみるようになりました。食物アレルギーの種類も以前よりも減ってきているそうです。

ブレインアップで体力アップ、特に丹田の力を育てていくとだんだん自信も生まれ、意欲が出て、ぜんそくも改善されて休みがちだった学校へも毎日行くようになりました。

病院に行けばアレルギー症状のための薬は処方してもらえますが、症状の抑制をしているだけで、原因の改善にはつながっていません。薬以外の対策として、食事や運動があります。免疫力を高める運動やトレーニングで元気いっぱいアレルギーに負けない体づくりをしていきましょう。

 

作成者

ILCHI Brain UP こども脳教育 いりなか教室

教室長 中村仁美